kameの いい味出してね

アクセスカウンタ

zoom RSS OLYMPUS OM-D E-M5を買わない理由

<<   作成日時 : 2012/08/25 05:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

OM-Dを欲しい気持ちが高まってきた。
画像

・最大約9コマ/秒(1コマ目でAF固定)の高速連写。C-AF時でも、最大約4.2コマ/秒の連写が可能。

・フラッグシップ機「E-5」と同等の防塵・防滴性能を実現。

・世界初のセンサーシフト方式による、5軸対応メカニカル手ぶれ補正。

というように、野鳥撮影や自然撮影に使えそうな機能が搭載されている。従来よりも高感度性能が改善されたセンサーが使われており、現時点のマイクロフォーサーズ機では最高の画質が得られると思う。そうは言っても、年に何台もカメラを購入していてはカメラおたくだと思われてしまいそうなので、買わない理由を冷静に列挙したいと思う。

(1)年に何台もカメラを購入していてはカメラおたくだと思われてしまう。
つい最近、お手軽用途にGF5を購入した事もあり、しばらくはカメラ購入を控えておきたい。

(2)野鳥撮影のカメラが足りている。
マイクロフォーサーズ機ではGH2+G VARIO 100-300mm F4.0-5.6を定番の組み合わせとしており、GH2をOM-Dに代えても、AF性能、連写性能、画質の点で小幅な向上に留まると予想される。より本格的に野鳥を撮る時にはK-5+ DA ☆300mmF4を使う。野鳥撮影ではOM-DよりもK-5の方が向いていると思う。

(3)センサー性能に見合う超望遠レンズが無い。
GH2+G VARIO 100-300mm F4.0-5.6の組み合わせでも、レンズ性能よりセンサー性能が勝っている。レンズ性能で解像が制限されるので、これ以上センサー性能を上げてもメリットは少ない。マイクロフォーサーズらしい軽量小型の単焦点超望遠レンズが待望される。

(4)後継機種が気になる。
OM-Dシリーズのハイエンド機が年内に発表されるかも知れない。GH2後継のGH3もそろそろ気になる。それらのスペックを確認してから購入を検討するのが良さそうである。

(5)防塵防滴のレンズがまだ少ない。
他のミラーレス一眼よりも、マイクロフォーサーズは圧倒的にレンズが充実しているが、防塵防滴のレンズは選択肢がまだ少ない。ボディだけ防塵防滴でも意味が無いのでレンズラインアップの更なる拡充が求められる。

ちなみに、キャノンがAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼を発表したが、キャノンにしても、同様にAPS-Cミラーレスのソニーにしても、レンズを小型化しようとすると画質が犠牲になり、レンズの画質を優先すると大型レンズになり小型ボディーのメリットが薄れるという呪縛から(余程の技術革新が無ければ)逃れられないのではないか。システムとして小型軽量で高画質を実現できるマイクロフォーサーズ規格の優位は揺るがない。

(1)から(5)の理由により、OM-D購入は当分見合わせるのが良いと思われる。

(6)そうは言っても
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0やM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 を付けると、良い感じになりそうである。これは欲しい理由の一部である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
OLYMPUS OM-D E-M5を買わない理由 kameの いい味出してね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる