kameの いい味出してね

アクセスカウンタ

zoom RSS 産神

<<   作成日時 : 2012/08/07 07:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「神様が憑いているから安産になります。ウイルス感染もしませんよ。」なんて言う助産師さんが実在したら、普通の妊婦さんならドン引きしてもおかしくないですよね。
画像

実名が掲載された上で、信仰を理由に危険な助産行為をしていると受け取られかねない『奇跡体験談』が紹介されたのは、とある宗教のホームページです。

「奇蹟によって安産と家庭円満」
http://www.srk.info/kiseki/anzan.html


度重なる訂正と「●編集部より」の注釈により、現在は問題点が無いような体裁にはなっていますが、初出時には、当該助産師さんがE型肝炎とB型肝炎を取り違えているような表現があったり、助産師のみでは扱えない異常分娩を行っているように書かれていたようです。詳しい分析は

新小児科医のつぶやき/琴子の母様がトラブルに巻き込まれる
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20120730


で行われています。ここからがkameの分析ですが、Yosyanさんの調査によると、当該助産師さんは地元助産師会の役職に就いていたとの事です。当然、それなりの知識と実力と経験を兼ね備えていると考えるのが妥当です。そんなお方に、E型肝炎とB型肝炎を取り違えるような初歩的な知識不足があるとは考え難いところです。

また、当該助産師さんは「自宅出産」を推進している助産師グループの代表を務めていたとの事です。当然、自宅出産のメリットもデメリットも熟知していると考えるのが妥当です。そんなお方が、自宅出産で異常分娩を扱うような逸脱行為をするとは考え難いところです。

だとすると、助産師さん本人が『奇跡体験談』の原稿を執筆したのでは無く、インタビューを元に医療知識の無い編集者が文字起こしをしたという可能性が浮かび上がります。布教を目的とする物ですから、若干の誇張や脚色もあったのかも知れません。本物の医療従事者が取材を受けた時に度々直面する、編集権の乱用というやつです。度重なる訂正と「●編集部より」の注釈もそれを裏付けるものです。

編集部が良かれと思ってしたことが、結果的に信者である当該助産師さんの資質を疑わせるような事態を引き起こしてしまったという悲劇です。こんなつもりで話したのではないのに、編集サイドにとって都合の良いところだけを切り貼りされた挙げ句に、琴子の母さんやNATROMさんのブログで拡散されて恥ずかしい思いをした。これは誹謗中傷・名誉毀損にあたるとして、琴子の母さんのブログの削除を申し立てた。というのが真相かも知れません。

そもそも、信仰を理由に危険な助産行為をしていると受け取られかねない『奇跡体験談』が紹介されているのは宗教ホームページですから、削除申請者は体験談の方を削除依頼するのが筋であり、琴子の母さんにクレームを付けるのは矛先が間違っている、というのが当ブログ的な感想です。

※もちろん、このブログ記事に中傷・誹謗の意図はありません。
※ちなみに医療系ブログの中では、宗教と出産の関わりについてかなり寛容だと自負しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
産神 kameの いい味出してね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる