kameの いい味出してね

アクセスカウンタ

zoom RSS 陣痛促進剤の被害を訴えたい人たち

<<   作成日時 : 2013/05/09 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

yahooニュースでは、『陣痛促進剤 ずさんな投与実態』なんて見出しになっていますが、報告書を読むと取り立てて促進剤を問題視しているようでは無いです。
画像

報告書はこちら
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/pdf/Saihatsu_Report_03_All.pdf

これを読んで、誰かが何かの主張を加えて記事にすると、以下のようになります。

<陣痛促進剤>産科医療補償報告書 8割で基準逸脱
毎日新聞 5月7日(火)19時50分配信

 出産で重度の脳性まひになった子どもに対し補償する「産科医療補償制度」について、運営する公益財団法人「日本医療機能評価機構」は7日、補償対象事例の原因分析結果をまとめた報告書を発表した。陣痛促進剤が使われた事例の8割近く(56件中43件)で診療ガイドラインなどの基準を逸脱していたほか、妊婦本人に投与の同意を文書で得ていたのは2割(同12件)にとどまるなど、ずさんな投与実態が明らかになった。

 09年1月の制度開始から約4年間で補償対象は461件(今年3月末現在)。このうち原因分析が済んだ188件分を機構が報告書にまとめた。

 陣痛促進剤の不適正な投与が相次いでいるとされており、機構が投与例56件を調査した結果、投与が脳性まひの主な原因だった事例が1件あった。原因の一つとして何らかの影響を与えた可能性がある事例も6件あった。

 一方、産婦人科診療ガイドラインの基準より過剰投与していた事例は41件(73%)に上り、うち胎児の心拍数の確認など、投与時に必要な分娩(ぶんべん)監視が不十分な事例が12件あった。病院側が投与量を把握していない事例も3件あった。

 さらに、投与前に妊婦への同意を得ていなかった事例は7件(13%)、同意を取ったか不明も21件(38%)あった。口頭での同意は16件(29%)だった。

 陣痛促進剤の添付文書(医師向け説明書)は、文書による同意や十分な分娩監視を求めている。日本産科婦人科学会などが定める産婦人科診療ガイドラインも、事故防止のため適正投与量の基準などを定めている。

 補償制度の再発防止委員会の池ノ上克委員長(宮崎大医学部付属病院長)はこの日の記者会見で「再発防止のためガイドラインを守るよう呼びかけていきたい」と話している。【奥山智己】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130507-00000059-mai-soci

報告書は壮大な分量なので、上記の奥山氏の記事からkame的に考察してみます。

補償対象のうち原因分析が済んだ188件分を機構が報告書にまとめたんですね。ちなみに報告書には『陣痛促進剤の不適正な投与が相次いでいるとされて』いるような記載は見当たらないので、どこかの誰かが『陣痛促進剤の不適正な投与が相次いでいると』いう印象を植え付けたいようです。脳性まひ188件のうち、投与例は56件(29.7%)なので、残りの132件は促進剤と関係無しにまひが生じていることになります。

投与例のうち、基準より過剰投与していた事例が41件(73%)に上るのは由々しき事態かと思いきや、投与が脳性まひの主な原因だった事例はただ1件だけで、何らかの影響を与えた可能性がある事例も6件でしかない。ちょっとやそっとの過剰投与では、影響が出ることは少ないという事です。しかも、投与例56件のうち49件は促進剤の影響が否定されました。

ということで、陣痛促進剤は脳性まひの原因となる事は稀で、ちょっとやそっとの過剰投与でも問題が生じる事は少ない、比較的安全な薬であるとも言えます。そもそも促進剤が必要になった時点で、正常経過から逸脱した病的な状態で、このまま放っては置けなくなっている訳です。引き続き起こり得る大きなリスクを回避するためには、促進剤の小さなリスクを許容しなければならないと考えるのがオトナの対応だと思います。病気の治療のために薬を使うのは普通のことです。

今回の印象操作的報道の裏側では、何が何でもゼロリスクでなければ気が済まない人たちが蠢いているのかも知れません。

それから、結果が悪かったらすぐに訴訟されるのが産科医療業界なので、他の業界よりはガイドラインを重視していると思われます。そのような環境で、促進剤を基準より過剰投与したり、事前に文書で同意を取らないのが一般的に行われているなら、ガイドラインの方が一般的な診療から乖離しているという可能性も否定できないような気がしないでもないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
陣痛促進剤の被害を訴えたい人たち kameの いい味出してね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる