ルリビタキびたり

ここ数年重宝しているルリビタキの公園は、今年は大当たりでした。公園中どこに行ってもルリビタキ。鳥影があれば、ほぼルリビタキという有様で、むしろ他の鳥たちは何処へ行ってしまったのか状態。しっかりと堪能してきました。
コメント:0

続きを読むread more

とり初め

このご時世だし、寒いしで、今頃になってとり初めに行きました。寒さが緩んだところでミソサザイでも撮ろうかなと思ったら、エゾライチョウに出くわしました。しかしお尻。顔は枝被りになりました。ついでにチュウヒも撮れて、幸先の良い鳥撮りになりました。
コメント:2

続きを読むread more

鳥納め

年末にウォーキングスマホゲームをしていたら、近所の中学校のナナカマドにとんがり頭の集団が訪れていました。急ぎ、家からカメラを持ってきて撮ってみたら、カシラダカでした。バードウォッチングは3密とか集近閉とか言われる状況には、なかなか成りようが無い趣味ですが、コロナ禍のご時世では外出を控えがちになります。そんな1年で新たに撮影した野鳥たちは…
コメント:0

続きを読むread more

E-M1Xでの野鳥撮影の設定 〈連写Hは罠だ!〉

オリンパスのフラッグシップ機、OM-D E-M1Xが大幅に値下げされて、更に最新ファームウエアで鳥認識AFが実装されたこともあり、売り上げを伸ばしているそうだ。他社からオリンパスに乗り換えた人にとっては、メニューや説明書がわかりづらいと思われる。長年のオリンパスユーザーである自分でさえも、しばしばマゴマゴする程だから、新規ユーザーが戸惑…
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ ダイブ

これも去年の撮影ですが、 飛び出したものの、 着水は物陰になって撮影できず、手ぶらで戻ってきました。 違う枝から、 もう一回! 着水にはピントが合わず、浮上後に合焦しましたが、しぶき被りで顔が隠れたのが惜しまれます。
コメント:0

続きを読むread more

ノゴマ

ノゴマのドアップです。 激しく枝かぶりしている状態から、顔を撮り抜いたものです。E-M1 Mark IIファームウェアバージョン2.0から実装されたスモールAFターゲットが優秀で、枝に隠れている野鳥に対してピンポイントに合焦します。
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ ダイブ

今年はカワセミダイブを撮れていないので、去年の今頃に撮ったやつ。着水のしぶきに合焦して。 浮上したと思ったら、魚は捕えられずに水草を咥えて上がってきて、 飛び去るカワセミの影に 水面下の小魚の群れが驚いて、水面が沸き立つついでに一匹飛び出した瞬間です。
コメント:0

続きを読むread more

テクテクライフ

『テクテクライフ』は、2018年11月29日に配信開始、2019年3月13日にサービスの終了が告知され、2019年6月17日に終了となった伝説の位置ゲーム『テクテクテクテク』の後継です。今日からサービス開始です。 前作では一生歩けるゲームという触れ込みだったのに、突然の終了のお知らせとなってしまったので、サービス終了までに北海道一…
コメント:0

続きを読むread more

花火大会

今年は花火大会も悉く中止になったので、去年の花火の画像。 レンズとカメラボディの協調により、(当時)世界最強の手ぶれ補正効果を発揮するED 12-100mm F4.0 IS PROで撮りました。 2秒でも止まりますが、1秒で連射するのが、テンポ良く、歩留まり良く撮影できました。
コメント:0

続きを読むread more

2倍テレコン 試し撮り

去年の今頃は、オリンパスの2倍テレコンMC-20を300mmF4PROにつけて試し撮りをしたのでした。換算1200mmになります。折よくチュウヒが現れ、ファインダーで見る限りはなかなかの好感触だったのですが、画像を拡大してみると、 どれも甘いです。 これも甘いです。 近くの止まり物を大きく撮るのには向いているようです。…
コメント:0

続きを読むread more

蟻巣虻

地上近くの葉の上から、 アリの巣の様子を窺っているのは、アリスアブの仲間です。 幼虫はアリの巣の中で暮らします。アリの巣の中は、アリ以外の生物にとっても快適な環境が保たれているので、様々な種類の生物たちが居候したくなるわけです。餌もあるし。そんな風に、アリの周辺で暮らす生き物を好蟻性生物と呼びます。 好蟻性生物について…
コメント:0

続きを読むread more

薄暗い林の中でシジミチョウが輝いていました。 吸水中のカラスアゲハ。 産卵中のタテハチョウ。 純白の蝋物質に覆われているのは、アゲハモドキの幼虫です。
コメント:0

続きを読むread more