システムが人を殺す

身近な医者を、2人亡くしています。
画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人は約10年前。
当時30代の、先輩医師です。
研究に、臨床に、非常に忙しくなさっていました。
たまにご連絡を下さる時は、
決まって深夜2時3時のメールでした。

学生時代は体育会でご活躍された先生で、
人間?と思いたくなるようなタフさと、
ひょうひょうとした笑顔を併せ持った
爽やかな先生でした。

大学病院勤務時代の夏、当時研修医だった私たちを集めて
ナイター見物に連れて行って下さったことがありました。
外野席で、ビールを飲みながら
ハンバーガーとポテトをほお張って
みんなでひゃあひゃあ言っていたら、
先輩だけ眠ってしまったのを、今でも覚えています。

その日も、病院で夜遅くまでお仕事をなさっていました。
術後の患者さんが落ち着くのを見届けた後、
0時過ぎから論文の添削を始めたところまでは、
他の医師が見ていました。
翌朝、出勤してきた同僚医師が、
医局で倒れている先生を見つけた時には
既にお亡くなりになっていたそうです。

葬儀には、婚約者の女性は
出て来ることができなかったと、
後で聞きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度は、友人医師を亡くしました。
彼女も、30代です。

同じ職場の上級医師が、過労でその病院に入院中でした。
元々、一人が過労になるような労働環境ですから、
多くをお話しする必要はないでしょう。

一人が入院・休職しても、現在の医療事情では
代替要員は派遣されませんので、
残ったドクターたちは、目も当てられない忙しさでした。

緊急opeのある科の医師で、
毎日遅くまでopeをした上に、
夜中も容赦なく呼び出されていました。
「過労だけは気をつけようね。壊れる前に、逃げようね」
と、お互い言い合っていたのに・・・

その日、彼女は当直でした。
翌朝、交代で当直に来た若い先生が当直室に入ると
彼女は机にうつ伏せになった状態で、亡くなっていたそうです。

大きな悲鳴を聞いて、一番に駆けつけた人が
何と過労で入院中の、彼女の上級医師でした。
その先生は、自分が休職したからだと自分を激しく責め、
入院先も変えた上に、退職されてしまいました。
残った同じ科の先生たちも、
全員がご自分を責め続けています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二度と犠牲者を出したくありません。
どうしたらいいでしょう。
ななのつぶやき/犠牲 より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kameの親友の産婦人科医は、年間400分娩を取り扱ったあげく、蓄膿をこじらせて死にかけたので、他人事ではありません。過労の果てに起きたことだとしたら、いずれもシステムの犠牲者ではありますが、直接的に責任を負うべきなのは、病院管理者ではないでしょうか?

この悲劇を世間に伝えることで、同じ悲劇が繰り返されないような社会になれば良いと思います。 小さなブログやメルマガでも、 集まれば大きな力になるかも知れません。

健康、病気なし、医者いらずの現役循環器内科医  I先生の呼びかけです。医療系ブロガーとして、I先生の考えに共感します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この考えに共感していただける方が
いらっしゃいましたら、

ブログかメルマガを持っている方は、
この「なな先生」の記事をコピーして、
記事にして頂けないでしょうか。
→ 『犠牲

自分のブログを持っていない方は、
なな先生のこの記事を読んで頂くように、
知り合いに伝えて頂けないでしょうか。

医師の数が少ないから、替わりがいないんですよ。
     ・
     ・
     ・
     ・
過労の末に医師が当直中に死亡するという悲劇を
二度と起こさない為に。


政府に医師数削減政策、
医療費削減政策の変更を求めます。
健康、病気なし、医者いらず/当直中に医師が死亡より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自ブログ内関連
ホワイトカラー・エグゼンプション

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

Dr. I
2007年11月22日 22:57
なな先生の記事を取り上げて頂いて、ありがとうございます。
こういう事が二度と起こらないために。
1人でも多くの人に、この事を知って貰えたらな、って思います。

二度とこんな悲劇が起こらないために。
kame
2007年11月24日 12:35
>Dr.Iさま
状況から過労死と書いて良いと思いましたが、死因について明らかな記述が無かったので、少しぼかして引用させていただきました。

>江原朗さま
ためになる情報ありがとうございます。これからすると、産科医が分娩に備えて自宅待機する場合は、労働者が権利として労働から離れることを保障されている休憩時間には当たらず、また、病院との間に緊急の呼び出しをしない旨の取り決めがあるわけでもなく、人命に関わることで呼び出しを受けたのに、それを無視して出勤しないことはあり得ない(=事実上、出勤の義務を負う)、というわけで、労働時間に含まれるという解釈でよろしいでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • 医師の過労死

    Excerpt: ぜひ、読んでほしいブログがあります。http://blog.m3.com/nana/20071120/1産婦人科医なな先生の周囲で、2人の医師が過労死しました。産婦人科勤務医の勤務状況は異常です。月.. Weblog: 天国へのビザ racked: 2007-11-22 12:44
  • 当直中に医師が死亡

    Excerpt: 非常に残念な事なのですが。 産婦人科医の「なな先生」の知り合いの医師が、 当直中に亡くなられました。 まずはこの先生のご冥福をお祈りします。 不謹慎かとは思いながら、プライバシーに配慮.. Weblog: 健康、病気なし、医者いらず racked: 2007-11-22 22:57